脱サラ整体師からのメッセージ

人生の岐路で

あえて険しい道を選ぶ

それがあなたを

大きく成長させます

日本最高峰の整体講座の最重要ポイントが半日で学べる

「脱サラ整体起業セミナー」

いつまでサラリーマンを続けますか?

 
いま、あなたは次のように感じていませんか。

  • 今の仕事や会社が自分に合わず、毎日が憂鬱だ。
  • 収入が頭打ち、もしくは右肩下がりで、将来に大きな不安を感じる。
  • 独立起業して、自分らしく生きたいと思っている。

すべてに「NO!」と言えるなら、先を読む必要はありません。
このページを閉じてくださって、けっこうです。

しかし、もしひとつでも当てはまるなら、私に5分ほどお時間をいただけませんか。
特に、あなたが、

  • 癒しや健康の仕事に、興味がある。
  • 病気や痛みで苦しんでいる人に寄り添い、その支えとなりたい。
  • 人に喜ばれ、しかも大きな収入を得たい。

と考えるなら…

あなたの人生が大きく変わる、千載一遇のチャンスが、ここにあるかも知れません。
ぜひ、このページを最後まで読んでみてください。

まず自己紹介をさせてください。

みなさん、はじめまして。
私は、西田 聡(にしださとし)と申します。

IMG_1306

現在、大阪府枚方市という町で、整体院を自営しています。
おそらく、みなさんがイメージされるような、一般的な整体院ではありません。
病院で治らない、原因不明の症状で悩む方が大勢訪れる整体院です。

整体師になる前は、ごく平凡なサラリーマンでした。
24年間、同じ会社に勤務していました。

47歳の時、突如、会社を辞め、整体師に転身しました。

サラリーマンから、起業家へ。
依存し、束縛される生活から、自立し、自由を求める生活へ。
受動的人間から、主体的人間へ。
与えられる立場から、与える立場へ。
流される生き方から、流れを作り出す生き方へ。

私は、大きく人生を変えたのです。

毎日、毎瞬、自分が大好きなことをする。
大きな夢と希望をもって生きる。
自分が心から信じ、心から価値があると思う仕事に取り組む。
情熱をもって、無限の可能性に挑戦する。

お客さまに喜ばれるために、日々、研究と鍛錬を重ねる。
困難を乗り越えるたびに、大きく成長する。
常に最高を目指し、最善を尽くす。
同じ地平を目指す人たちと、業界や国境を越えて、手を携える。

誰にも命令されず、自分の志と想いと良心に忠実に判断し、選択し、行動する。
最高に居心地のいい空間で、仕事をする。
通勤のストレス、人間関係のストレスは、ほぼゼロ。
感謝の対価としてお金をいただき、サラリーマン時代を大きく超える収入を得る。

おかげさまで、私は、かつて夢に描いたような、理想的な日々を過ごしています。
苦労や困難は絶えませんが、毎日が楽しく、幸せでなりません。

これから、そんな私の経験をお話ししたいと思います。
あなたが真剣に人生を変えたいと願っているなら、きっと参考になると思います。

人生に絶望していた、かつての私。

サラリーマン時代、私が勤務していたのは、大手一流企業でした。
当時の税込み年収は、約1,000万円。
決して高給取りではありませんが、低収入でもなかったと思います。

29歳で結婚し、妻と子どもが二人おりました。
34歳の時に、自分の両親と同居するために、二世帯住宅を建てました。

仕事に対しても、一定以上の誇りとやりがいを持ち、真面目に取り組んでいました。
すべてにおいて満たされ、周囲からは幸せそうに見えたことでしょう。

しかし、私は幸せではありませんでした。
将来に夢も希望も持てず、人生に絶望し、死にたいとさえ思っていました。
それは、なぜだと思いますか?

仕事がきつかったから?
人間関係に悩んでいたから?
体調が悪かったから?

いずれも、違います。
私は、仕事にも、人間関係にも、健康にも恵まれていました。

なのに、死にたくなるくらい、心を病んだのはなぜでしょうか。
それは、

「本当の自分を生きていなかった」

からです。

自分が心から価値があると信じること。
自分が本当にやりたいこと。
自分がこの上なく喜びを感じること。

当時の仕事は、いずれもあてはまりませんでした。
だからと言って、決して手を抜いたわけでも、嫌々やっていたわけでもありません。
真面目に、一生懸命取り組んでいました。

しかし、やればやるほど、虚しくなる。
どう考えても、自分を誤魔化し、欺き、偽っているとしか思えないからです。
それが苦しくて、苦しくてなりませんでした。

大量生産と大量消費を前提とし、拡大と発展を是とする経済活動。
何の疑いも持たず、それに従事する。
たとえ疑問を持っても「仕方がない」「こんなもんだ」とあきらめる。

そのことに、私はいつしか大きな違和感を感じるようになっていました。

もっと早く。
もっとたくさん。
もっと便利に。
もっと快適に。
もっと効率よく。
もっと、もっと、もっと・・・

人間中心の文明。
止まることのない拡大と発展の歯車。
企業間競争は、激化する一方。
増え続ける廃棄物。
進む一方の自然破壊と環境汚染。
人間の思考力を奪い、愚劣化させる教育。
優しさや思いやりが失われ、殺伐とする社会。

これらを助長する活動に、定年まで従事し続けねばならない。
それを思うと、暗澹たる気持ちになりました。

さらに、定年後に何をするのか。
残りの20〜30年の人生、どうやって生きていくのか。
考えると、吐き気がしました。

通勤電車の中で気付いたこと。

当時、大阪市内の会社へ、電車で通勤していました。
行き帰りの車内は、混雑していました。
特に朝の通勤ラッシュは凄まじく、会社へ着くころにはヘトヘトに疲れていました。

なぜ大量の人間が一斉に通勤するのか。
来る日も来る日も、この苦しみを我慢せねばならないのか。
会社へ来る意味は、何なのか。
もっと違う働き方があるのではないか。

乗客たちはみな、とても疲れているように見えました。

居眠りしている人。
食い入るように、新聞や携帯電話の画面を眺めている人。
目を閉じて、じっと耐えている人。

幸せそうな人は、ほとんど見かけませんでした。
家庭のため、生活のためには仕方がないと、諦めているのでしょうか。

その時に、思いました。

「まるで囚人か、奴隷だ・・・」

私たちは、社会システムという、透明で頑強な檻の中に閉じ込められている。
そして、常識や通念や慣習という、目に見えない鎖で縛られている。

そのことに、気付いたのです。

このまま、囚人や奴隷のような生活に甘んじるのか。
小さな幸せに満足し、暗く、虚しい気持ちで日々を過ごし、ただ老いていくしかないのか。
一度しかない自分の人生、それでいいのか。

何とかしなければと焦るが、何もできない。
そんな自分が不甲斐無く、情けなく、ますます生きているのが嫌になりました。

何の“売り物”もない自分に愕然とする。

この群れから、抜け出たい。
しかし、他の企業に転職したところで、サラリーマンである以上、何も変わらない。
ならば、起業して、自営するしかない。

では、どうやって?
いったい、何をして食べていくのか?

それを問うた時、自分には、売り物になる能力が何もないことに気付きました。
愕然としました。

人生半ばを過ぎ、間も無く50歳に手が届く。
私は、四半世紀近くも仕事していながら、結局のところ、何も積み上げてこなかった・・・
これまで目を反らし続けていたこの事実は、私の心の闇をますます深くしました。

そんな折、とても辛いできごとがありました。
当時の上司から呼び出されて、次のように問われたのです。

「西田さん、あなたの看板は何なの?」

痛い部分に、ナイフをぐさりと突き刺された。
そんな感じでした。
さらに、上司の厳しい詰問は続きます。

「看板には何と書いてあるの?あなたはいったい何をする人なの?何ができるの?これからどうするの?」

その場から、逃げ出したくなりました。
心臓がドキドキし、顔が真っ赤になり、目を伏せ、何も言えなくなりました。

もちろん、上司は私のことを思って言ってくださったのです。
それは、重々承知していました。
でも、本当に辛かったし、どうしようもないほど落ち込みました。

当時の私は、虚しくて、本気で仕事に取り組めませんでした。
生来真面目であるので、言われたことはそつなくこなしていたつもりです。

しかし、情熱をもって仕事に取り組んでいないので、結果が出ない。
上司はそれを見抜き、このままではこの先やっていけない、そう警告してくれたのです。

自分の無能さ、不甲斐なさに、心底嫌気がさしました。
ついには、うつになりました。

自分が情けなくて、情けなくて、なりませんでした。
特に、二人の息子に申し訳なく思いました。
彼らの範になれず、「情けない父親でごめん」と、隠れて、一人で泣いていました。

わずかに見えた光。

そんな状態が、何年も続きました。
しかし、辛い中にも、自分の大好きなことを見つけ、その研究をするようになりました。
少し、光が見えてきました。

大好きなこと。
それは、心身の健康に関することでした。

30代半ばで開始した、合氣道稽古。
それが発端となり、古武術をルーツとする身体操作に興味を持つようになりました。

さらには、さまざまな健康法や精神世界に興味の対象が広がりました。
その過程で、少しずつ心の健康を取り戻して行きました。

一方で、社会には、いかに病んでいる人が多いかを実感していました。
日本では、年間3万人もの人が自殺していることを知りました。

その時に、強く思ったことがあります。
企業の最も重要なリソースとソリューションは、従業員の心身の健康だということ。
そして、心身の健康は、最も重要な社会基盤でもあるということ。

そして、

「心身の健康に寄与する仕事がしたい」

そう思うようになりました。

しかし、当時の勤務先には、そんな仕事ができる部署はありませんでした。
だったら、作ればいい。

人間、何か目標ができると、強くなれるものです。
仕事の状況は変わりませんでしたが、少しずつ前向きになることができました。

転機は突然やってくる。

そして、2008年の正月。
転機となる出来事が、起こりました。

合氣道稽古仲間が、新年の挨拶メールをくれました。
その中にあった彼の意外な一言に、私は強い衝撃を受けました。

「僕は今年、整体で独立開業します」

え!あの大人しそうな彼が!?
詳しいことを教えてくれと、すぐに返信をしました。
すると、

  • 昨年、ある整体技術を学んだ
  • そっと触れたり、ゆらゆら揺らす、変わった技術だ
  • 早速、職場(老人介護)の仕事でその技術を使ってみた
  • 拘縮や痛みが軽減されるので、とても驚いた
  • 今年、上位コースへ進学し、整体で独立開業するつもりだ

という返信がありました。

整体?独立開業?
まったくの素人に、そんなことが可能なのか?

そこで、ふと思いました。

「もしかしたら、自分が求める道があるかも知れない・・・」

なぜか、気持ちが高揚しました。
かつてなかったくらい、ワクワクと胸がときめくのです。

友人が技術を学んだ整体学校を教えてもらいました。
そして、その整体学校のホームページを、隅から隅まで読みました。
私は、興奮を抑えることができませんでした。

脱サラや転職をして、整体師として成功している事例が数多く掲載されていたのです。
それが嘘ではないことは、書かれた文章や動画から伝わってきました。

1月末に、京都で技術セミナーが開講されることが、わかりました。
ベテランのプロたちでさえ注目する特別な整体技術が、たった二日間で学べるというのです。

「人生を変えるチャンスだ!」

そう直感しました。

しかし、受講料を知って、驚きました。
たった二日間のセミナーなのに、受講料はなんと約50万円でした。

その1/10でも、当時の私には高額でした。
一瞬、躊躇しましたが、すぐに「迷っている場合ではない」と思い直しました。
セミナー案内のページに書かれた次の語句が、背中を押したのです。

成功の反対は、失敗ではない。
成功の反対は、行動しないことである。

幸運の女神には、前髪しかないと言われています。
今行動せず、このチャンスを逃したら、自分は一生このままかも知れない。
そう思ったのです。

家族に内緒で、会社に借り入れをして50万円を用立て、受講を申し込みました。
大金ゆえ、受講料を振り込む時に、身体がガタガタ震えたのを覚えています。

出逢い、決断、行動で人生は変わる。

2008年1月末の技術セミナーで、私は後に師匠となる人物に出逢いました。
師匠は、私にこう言いました。

「整体で、日本を変えよう」

師匠は、これまでの概念を破る、まったく新しい整体のあり方を示してくれました。
それは、明るい希望と、無限の可能性に満ちていました。

やっと自分の道を見つけた・・・
感動で魂が震えるのが、わかりました。
涙が、止まりませんでした。

これまで考えもしなかった、整体という仕事。
自分が長い間探し求めていた道は、意外なところにありました。
人生とは、本当にわからないものです。

二日間の技術セミナーが終わった時、私はすでにこの道を進む決断をしていました。
その時のインタビュー動画が、残っています。

以来、無我夢中で行動しました。

50歳手前で脱サラし、独立開業するのは、本当にたいへんでした。
経営を軌道にのせるのは、さらにたいへんでした。
自分の人生においてかつてない苦労、困難、挫折、絶望を経験しました。
もうダメだと思ったことも、一度や二度ではありません。

しかし、夢と希望を持ち、誠心誠意、取り組み続ければ、道は開けていくものです。
どんなに窮地に立っても、思ってもいなかった方法で救われる。
悩み、苦しみ、そして不思議な経験を何度もしながら、自分自身が大きく成長できたと思います。

強く思い、行動すれば必ずできる!
何歳からでも、人生は大きく変えることができる!
自分らしく、幸せに生きることができる!

それを知りました。

人生の分かれ道。

 
人生には、無数に分かれ道があります。
小さな分かれ道もありますが、大きな分かれ道もあります。

2008年1月、私が整体学校のホームページで、50万円の技術講座の案内を見た時は、本当に大きな分かれ道でした。
あの時、50万円という額に尻込みして、受講を諦めていたら・・・

私は、まったく違う人生を歩んでいることでしょう。

おそらく、サラリーマンを続けていたでしょう。
今日も満員電車に詰め込まれ、会社へ通っていることでしょう。

子会社に出向を命じられ、収入が激減しているかもしれません。
定年間近で閑職へ追いやられ、心を病み、出社拒否になってるかもしれません。

いずれにせよ、幸せには暮らしていなかったと思います。
だから、あの時、この道を選んで、本当によかったと心から思います。

私は元来、慎重で、臆病な人間です。
目立つことは嫌いですし、誰かについていく方が楽だと思っています。
父もサラリーマンでしたし、私もサラリーマンになりました。
起業や自営など、別世界の話でした。

しかし、

そんな私にできたのだから、必ず誰にでもできる。

そう確信しています。

無数にある人生の岐路において、あえて険しい道を選ぶこと。
それが、自分を大きく成長させてくれることを身をもって実感しました。

この道を選び、自分を大きく成長させ、幸せに生きる人間を増やしたい。
そういう想いで、整体法講座の運営を開始しました。
これまでに70名以上に指導し、約50名を独立開業に導いて参りました。

私と同じように、人生を大きく変えた門下生を輩出し続けています。
その一部を、ご紹介いたします。

この人についていけば大丈夫だ!と確信しました

石川県野々市市 宮崎 護さん

私は転職前はある宗教団体の幹部をしていたという異色の経歴を持っています。50歳を超えた頃より人生後半をどう生きるかを思い悩むようになり、いろいろと模索を始めました。
しかしどれも現実的には難しかったり、可能であっても自分の理想とする生き方とは相反していたりで、なかなか決定打が見つかりませんでした。
最後になって、整体の仕事は実現可能であり、人の幸せに貢献するという自分の理想とする生き方に近いかもしれないと思うようになりました。そして、整体学校のホームページをいくつか当たってみました。
しかし、正直がっかりしました。「なんだ、この人たちの目標は月に100万円以上稼ぐことなのか!」と思ったからです。もちろん収入は良いに越したことはありませんが、私にとって一番大事なことは、「その仕事を心底誇りに思えるか?」であるからです。
その後も整体のことが心のどこかに引っかかりながら、第2の人生を探し求めていました。
そんな時、西田先生の「整体師はじめの一歩」という本をネットで見つけました。しばらく目をつぶって想いを巡らせていましたが、これはご本人に直接電話するのが一番だと気づき、お電話を差し上げました。
電話の詳しい内容は忘れましたが、その時の西田先生の誠実な対応で、私は直感的にこの人についていけば大丈夫だ!と確信しました。
・・・続きを読む

講座で得た最大の財産は、“心の在り方”です

東京都荒川区 吉瀬 なつ紀さん

私は幼い頃より「何かおかしい」「何か違う」と人間関係や社会、そして自身の心に対して様々な問いを抱いてきました。沢山の遠回りをしましたが、整体師として歩み始めた今、それら全ての根にある答えがはっきりと見えるようになって参りました。
どこか息苦しさを感じながらも、人に囲まれて明るく過ごしてきた私でしたが、15歳の冬より些細なことが切っ掛けで摂食障害を患うようになりました。
以来、それに向き合い、逃げ、また必死に希望を見出しては、再び絶望するという日々を繰り返してきました。
学生時代のアルバイトから9年間、仕事は常に飲食業でした。お客様の話に耳を傾け、食卓で笑顔になって頂く事は私にとって最大の喜びでした。
そうして自分を慰め、或は苦しみから目を背けていた様に思います。しかし実際は何一つ変わることなく、暗闇のトンネルに終わりがあると信じることも出来なくなっていました。
心身の苦しみを抱えてから十数年が経った今、「誰よりも自らが幸せである生き方」を歩む道の上に、漸く立つことが出来ました。
また、人の心と懸命に向き合い続けた初婚生活の経験も、今が幸せであるからこそ、大きな財産となって残っています。
これまでを振り返り、来るべくして来た”今”という人生の通過点に居ることを、改めて心より幸せに感じています。
・・・続きを読む

人生で1番楽しく幸せに、日々を生きています

京都市右京区 村地 友寛さん

私は、証券会社の営業マンとして働いていました。
私にとって当時の仕事は、たくさんの出会いに溢れるという意味では、刺激的で素晴らしい仕事でした。しかし一方で、大きな葛藤を抱えていました。それは極端に言えば、「売上」を目的として働くということです。純粋に「相手の為」ではなく、「自分の成績」や「会社の利益」の為に働くという生き方に、いつからか苦痛を感じていました。
続々と新商品が開発され、それをさばく為の仕事が求められていました。それを本当に必要とする方に届けることができれば、何も問題ありません。葛藤するようなこともありません。しかし実際には、そううまくいきませんでした。
いつからか、「売る為」「ノルマをこなす為」という理由で仕事に向かっている自分がいました。単に私が、営業マンとして仕事ができなかったから、という理由ももちろんあると思います。実際に、人間的に心から尊敬できる先輩も、なかにはいらっしゃいました。しかしそれ以上に、毎日ただただ「数字」に追われ、死んだような目で働いている人の方が断然多かったように思います。「辛い」「しんどい」「我慢」・・・自分も含め、そんな感情が溢れていたと思います。
会社は業界のなかでも屈指の大企業だったので、給料は非常に良いです。しかし、だからといって、自分がその仕事を続けていて、幸せを感じれるとは思えませんでした。
葛藤に悩むうち、いつしか体調を大きく崩し、心身を病みました。最終的には寮で突然倒れ、救急車で運ばれました。「うつ病」と診断され、休職するに至りました。
・・・続きを読む

自分の身体のすごさに気付いてもらいたい

香川県綾歌郡 梶 亜希子さん

すぐにお腹を壊す・アトピー性皮膚炎・風邪をひきやすい、など、何かと不調の多い子供時代でした。
大人になってからもその体質はほとんど変わらずずっとそんな感じで生きてきたので、「自分の身体はそんなものなのだろう」と思っていました。
「良くなる」というイメージを全然持てなかったので、お腹を壊したら食べない、湿疹が出たらステロイドを塗る、風邪をひいたら病院で風邪薬をもらう、生理痛が酷い時は鎮痛剤を飲む、というのが当たり前だと思っていました。
しかし、いつのころからか、薬を使っても症状が改善しないような気がしてきました。
お医者さんに話しても相手にしてもらえず、また別の薬を出されるだけ。
何度か経験しているうちに、症状と薬と医療、というものに不信感を抱くようになりました。
職業としては、長く事務の仕事をしていました。
身の回りにも同じような職種の人間が多かったのですが、自分も含めてみんな、肩こりや腰痛、慢性疲労などの症状を感じていて、具合が悪くなったらマッサージに行く、湿布薬をつかう、という生活を続けていました。
・・・続きを読む

第一歩を踏み出せている自分は心底幸せです

静岡県富士宮市 相澤 真也さん

私は約14年、雑誌や書籍、広告等をつくるグラフィックデザイナーとして仕事に従事してきました。
仕事は“デジタル土方”と言われるほど、何日も徹夜が続くような職種で、とても大変ではありましたが、もちろんやりがいもありました。
しかし、いつまでも時間に追われる日々、そして、売る事に関しても、効率に関しても、(社会全体がそうですが)もっともっとの世界、目に見える部分のみで判断される世界、私は甘いのかもしれませんが、そこに大きな違和感を感じてきました。
職場の人や周りの同業者は、心身の不調に陥り、知らぬ間に離脱してしまうのは日常茶飯事、どうしてこんなことになってしまうのだろうか、果たして自分は10年後にこの仕事をやっていられるだろうか、そこまでこの仕事が好きなんだろうか、そんな事を長年自問自答していました。
ずっとこの仕事でやっていくという未来が見えない、そんな思いを抱え、悶々としたまま生活をし、そして、自分自身も心身の不調に陥ってしまい、薬を服用しながらの日々がつづきました。
そんななか、あるきっかけで、自分は仕事に対して、志をもっていなかったのに気付きました。
自分は、自分の中で本当の意味で人の為に役に立つことができ、社会に貢献して生きていきたい、何よりも自分を変えたい、素晴らしい人生を送りたい、そして志をもって、命を燃やして情熱をそそぎ、一生真理を追求できるような仕事をしたいと考えるようになりました。
そんな中、自分の中に浮上してきたのが、「整体師」でした。
・・・続きを読む

ほとんど迷わず、直感で入塾を決めました

神奈川県横浜市 利根川 由美さん

私は障害を持つ子供たちが通う特別支援学校の教員として、2016年3月までの27年間、特別支援教育に携わってきました。子供たちと過ごす中で、一生懸命生きる一人ひとりの姿に感動し、生きる喜びと素晴らしさ、よりよく生きるとは、よりよく死ぬとは、どういうことなのかを、子供たちから学びました。また、障害をもつわが子の子育てに奮闘する母親たちの悩み、苦しみに寄り添いながら、その「旨味」も分かち合い、過ごした日々は、かけがえのない宝となっています。子育てに悩む母親に寄り添う気持ちが強まるにつれて、教員の立場でできることに限界を感じるようになり、教育現場の枠内で様々な制約を受けながらの教育活動にも、次第に窮屈を覚えるようになりました。自分が本当にやりたいことは何なのか。自分の使命とは…。自問自答を繰り返した結果、新たなフィールドでチャレンジすることを決意し、教員を退職。専門の音楽と、西田先生から学んだ整体をツールとして、より多くの人たちの役に立っていきたいとの思いから、一般社団法人 日本音楽整体療法協会を設立しました。2017年2月からは、法人直営のお店「らくらく音楽整体カフェゆうみん」をオープン。現在に至っています。
・・・続きを読む

いかがでしょうか。

彼らのように、自分らしく、自立して、自由に生きる人財をたくさん輩出すること。
それが、私の喜びであり、使命であり、社会貢献だと考えています。

もしあなたが、人生を変えて、幸せに生きたいなら、私は大きな力になれると確信しています。
短期間で、まったくの未経験者をプロの整体師に育てるなら、日本一のノウハウと実績を持っていると自負しているからです。

よりよい生き方を望むあなたに、人生の可能性に目覚めていただきたい。
彼らのように、人生の無限の可能性に気付き、それをどこまでも追求する生き方の素晴らしさを味わって欲しい。

彼らが学んだ「整体起業・総合講座」の受講料は、216万円です。
幸せに生き、かつサラリーマンを遥かに超える、大きな収入を得られる術が身につくのですから、安いものだと思います。

しかし、気軽に払える額ではありません。
なので、この講座の最重要ポイントをまとめてお伝えすべく、「脱サラ整体起業セミナー」を企画しました。
このセミナーを知ったあなたは、大きな人生の分かれ道にいるのだと思います。

ここまで読んで、何か思うことがあれば、引き続き、以下のセミナー案内をご覧ください。

あなたが本気で会社を辞めたいなら、

本気で人生を変えたいなら、

まずは決断し、行動することです。

脱サラ整体起業セミナー

なぜなら、成功の反対は、失敗ではなく、

行動しないことだからです。

このセミナーで、第一歩を踏み出してみませんか?

いま、社会には心身を病む人が蔓延しています。
平日の総合病院やクリニックは、どこも人があふれかえっています。
一見何ごともなく過ごしているようでも、実は大きな苦しみや悩みを抱えている。
そんな人も決して少なくありません。

それもそのはず。
日本の国民医療費は、今や年間40兆円を超えています。
一人あたりの医療費は、50年前の約100倍になっているそうです。
このままでは、病人はますます増え続けるでしょう。

一方で、雇用が不安定なためか、仕事や人生に悩みを抱える人が増えています。
働き先がなかなか見つからない人も、決して少なくありません。
契約社員や派遣社員として働き続けることに、大きな不安を抱く人も多いことでしょう。
たとえ正社員として定年まで勤めても、老後の生活安定は難しいのが実情です。

このような社会ゆえ、治療や癒しの仕事に関心を持つ人が増えています。
手に職をつけて、自立しようと考えるのでしょう。
それに呼応するように、スクールやセミナーが花盛りです。
整体師を目指す人も多いようで、専門学校やスクールは乱立気味です。

しかし、断言しますが、整体を生業とするのは簡単ではありません。
むしろいばらの道と言ってよいでしょう。
経験と実績が圧倒的にモノを言う、100%実力勝負の厳しい仕事だからです。

さらに現在は、整体の市場は成熟しきっており、過剰供給気味です。
競争が激しく、経験10年を超えるベテランたちでさえ、生き残りのために必死です。
この状況下、新規参入は、至難の業と言っても過言ではないでしょう。

だから、せっかく開業しても、3年後には9割以上の者が廃業すると言われています。
また、残る大半の者も、年収は300万円以下とも言われています。

それでも、整体師は、素晴らしい仕事です。
器具も道具も使わず、己の身ひとつで、人さまのお役に立ち、心から喜んでいただけるからです。
経験を積めば積むほど技術に磨きがかかり、実力が培われるからです。
景気に左右されない仕事であり、生涯現役を貫くことができるのも、大きな魅力です。

では、どうすれば整体を生業とできるのか。
1~2年のうちに、サラリーマンを超える年収を得るためには、何をすればよいのか。
プロ整体師を目指すにあたり、何から始めればいいのか。
そもそも整体とは何なのか、なぜいま必要なのか。

本セミナーでは、そのようなことをお伝えいたします。
一般のスクールやセミナーでは、絶対に伝えていない希少な内容ばかりです。

整体の仕事、ちょっと気になるな―――そんな方も、ぜひお気軽にご参加ください。

セミナー内容

整体で起業する。
それは、単に整体師に転職する、あるいは整体院を開業するというだけに留まりません。
新しく事業を始めるという、志と気概をもって取り組むべきものです。
人生を賭けて挑み、全身全霊を傾けて取り組み、自分にとって世界一の仕事だと宣言できるまで、磨き、高めていく。
それが、すべての基盤となります。
基盤がしっかりできれば、収入は必ず後からついてきます。
それを実現するために、どう考え、何をすればよいのか、どこから手をつければよいのか。
216万円の講座でしか教えてない最重要ポイントを、4時間半でお伝えいたします。

1、「整体」とは何か?

そもそも整体とは何か。
徹底した問いかけが、すべての出発点となります。
整体を、単なる手技療法と捉えてはなりません。
治療術でも、慰安術でもありません。
私どもで提唱と実践をしている整体(=心整体法)は、日本が世界に誇るべき素晴らしい心身文化であり、思想であり、生活実践であり、そして社会変革の手段でもあります。
そのような、他では教えていない新しい整体の姿を、明らかにします。
新たに人生を切り開き、大きな収入を得ようとしているあなたが手にするにふさわしい、素晴らしい手段であることがわかるでしょう。
さらに、教育者・指導者としての整体師のあり方、命の学校としての整体院のあり方をご提案いたします。
この業界を志す者の大半は、旧態依然とした価値観のままです。
彼らとは、スタート地点からして圧倒的に違うことがご理解いただけるでしょう。
これを聴けば、ワクワクする気持ちを抑えられないことでしょう。

2、脱サラ起業の成功ポイント

現代社会は、大企業と言えど、安泰ではありません。
雇用は確保されたとしても、不本意な仕事に従事させられたり、突然子会社への出向や、地方への転勤を命じられることもあります。
しかし、サラリーマンを辞めると、安定した収入源が断たれます。
たいへん不安だと思います。
養うべき家族がいたり、支払うべきローンなどが残っている場合は、さらに不安は深刻だと思います。
その狭間で揺れ、なかなか決断できない人が大半だと思います。
でも、ご安心ください。
実際の経験者である講師が、脱サラして起業し、早期に生業とし、継続して事業運営するためのノウハウを明かし、あなたに希望を与えます。
肝要は、どうすれば成功するかと、どうすれば失敗を避けられるかを、同時に、バランスよく学ぶことです。

3、整体技術(自律神経整体)の解説

優れた技術を学び、鍛錬し、我がものにする。
それは、整体起業の最低条件です。
通称「自律神経整体」と呼ばれる、業界最高峰の整体技術。
その根本理論をお伝えいたします。
現在、自律神経を専門とする整体院や治療院が増えていますが、どこも伝えていない、とても重要な内容を包み隠さずお伝えします。
この理論が理解できれば、施術の精度向上はもちろんのこと、症状の見立て精度も上がります。
なお、自律神経整体は、自律神経失調症だけしか対応できないというわけではありません。
筋骨格系疾患、内臓疾患、難治性疾患、精神疾患など、ありとあらゆる疾患に対して、目覚ましい効果があります。

4、整体技術(自律神経整体)の実習

理論だけでは、納得できないでしょう。
実際にどのような技術なのか、知りたいと思うでしょう。
このセミナーに参加した方は、とても幸運です。
自律神経整体の手技「ベーシック・セブン」の実習を行います。
施術を受けること、すること、その両方を、実体験していただきます。
ベーシック・セブンは、10分前後で、全身をゆるめます。
短時間で身体が自ら変化し、自然治癒力が高まること。
それを身をもって体験できるでしょう。
また、呼吸と姿勢の実習、「氣」の実体験もしていただきます。
身体の不思議さ、面白さ。
それを味わっていただけることと思います。
整体を自分の仕事にし、人さまのお役に立ち、社会に貢献し、大きな収入が得られる素晴らしさを、ぜひ実感いただきたいと思います。

セミナー講師

50歳手前で、家族と住宅ローンを抱えて脱サラし、起業した現役整体師が講師です。
人気整体院を経営するだけでなく、70名以上に整体を指導し、うち50名を独立開業に導いた経験を持ちます。
絵空事や綺麗事は一切ありません。
等身大で、本気で、本音でをモットーに、超実践的な内容を講義いたします。

西田 聡(にしださとし)

心身楽々堂 代表
心身楽々堂・整体法講座 主宰
心整体法提唱者

1960年、大阪生まれ。2008年、47歳の時に、突如、24年間勤務した会社を辞し、整体師に転身することを決意。多額の住宅ローンを抱え、当時高一と中二、二人の息子がいる身で脱サラし、未経験の仕事で起業するなど狂気の沙汰と、周囲の誰もが猛反対する。しかし、耳を貸さず、整体院の独立開業を断行。案の定、失敗、挫折、絶望の連続で、辛酸をなめ尽くすが、ぎりぎりのところで踏み止まる。修得した整体手技療法を基盤に、合氣道修行で得た心身修養の精髄を加味した「心整体法」を着想。病院で治らない慢性疾患や自律神経失調症専門の整体院という独自路線を歩み、自力で整体院経営を軌道にのせる。組織に依存せず、束縛されず、自分の良心や信念をいっさい曲げることなく、己の身一つでサラリーマン時代を大きく超える収入が得られることを証明する。その経験を生かし、脱サラ・起業に特化した整体塾を主宰。まったくの未経験者を「オンリーワンの整体師」に育てあげることについては、日本一の手腕を持つ。これまでに、50名を超える整体師を輩出。現役の整体師を続けながら、大阪府枚方市、千葉県船橋市を拠点にして後進を育成。また、各地で一般の方に向けたセミナーや体験会を開催し、「心整体法」を伝えている。

開催日時

2017年5月6日(土)、14時~18時30分 大阪会場 締め切りました
2017年5月27日(土)、9時~13時30分 千葉会場 締め切りました
2017年8月12日(土)、14時~18時30分 大阪会場
2017年8月26日(土)、9時~13時30分 千葉会場
2017年11月4日(土)、14時~18時30分 大阪会場
2017年11月25日(土)、9時~13時30分 千葉会場

開催場所

大阪府枚方市、千葉県船橋市の2会場にて開催いたします。
近い方、ご都合のよい方へお越しください。

大阪会場:心身楽々堂
〒573-1106
大阪府枚方市町楠葉1丁目6-25 寺山ビル102号室
http://shin2raku2do.jp/

千葉会場:なでしこサロン
〒273-0005
千葉県船橋市本町6-2-6 扇屋ビル5F 502
http://www.nadeshiko-saron.com/

受講料

32,400円(税込)

申し込み受け付け後、一週間以内に指定の銀行講座にお振り込みください。
振り込み確認をもって、正式申し込み受理といたします。

定員、その他

各回4名

この貴重な内容を聴講できるのは、毎回4名だけです。
少人数を対象に、大切なことをじっくりお伝えしたいと考えているからです。
万が一、申し込み者が少なくとも、セミナーは決行します。
最少催行人数は、1名。
たった一人が相手であっても、私は手を抜きません。
ご縁を大切に、誠心誠意、全身全霊を傾けて、講義をさせていただきます。

当日は、オリジナルテキストを1冊、配布いたします。
また、後日の質疑応答や情報提供等のサポートは、専用Facebookグループにて行います。
サポートが必要な方は、Facebookアカウント取得が必須となります。

お申し込み方法

ボタンを押すと、申し込みフォームが開きます。
そちらで必要事項をご記入の上、お申し込みください。
申し込み状況を確認した上で、受講可能であれば、受講料振り込み先銀行口座を返信いたします。
受講料振り込み完了をもって、正式申し込み受理といたします。

Q&A

よくいただく質問とその答えをまとめました。
受講申し込みにあたり、参考にしていただければと思います。
冒頭の+マークをクリックすると、答が読めます。

【Q】このセミナーを受講すれば、整体で起業ができますか?

できません。
このセミナーは、脱サラして整体で起業するとはどういうことか。
具体的に、何をすればよいのか。
どうすれば、できるだけ短期間に生業として成立させられるのか。
それらをお伝えするのが目的です。
いわば、整体起業の入口となるセミナーです。
世間には、整体学校やスクールがたくさんあります。
そのほとんどが、耳触りのよいことしか伝えないので、いとも簡単に起業ができるような印象を受けます。
しかし、私のきれいごとは言いません。
起業することはそう難しくないのですが、継続するのは至難の業だからです。
一人前になるには、10年かかると言われる仕事でもあります。
たから、せっかくこの業界に新規参入をしても、9割以上の者が3年以内に廃業するのです。
そのような現実も踏まえ、本気で取り組むのかどうか、自分に問うていただくためのセミナーです。

【Q】起業すれば、どのくらいの収入が期待できますか?

どのくらいの収入を得るかは、各人の考え方、取り組み方により幅があります。
あくまでも一例ですが、月に25日営業し、施術料5,000円で、1日平均10名施術すれば、月商125万円になります。
施術時間は5時間程度ですが、私たちの仕事は施術だけではありません。
広告宣伝活動も必要ですし、雑務もたくさんあります。
なので、実働時間としては、8~10時間程度と考えてよいでしょう。
私の主宰する整体法講座門下生の中には、一人で月額150万円を売り上げる者もいます。
市場は無限大、少し頑張れば200万円くらいは可能でしょう。

【Q】この整体は、自律神経の不調にしか対応できないのですか?

いえ、違います。
私共の自律神経整体は、自律神経失調症だけでなく、筋骨格系疾患、内臓疾患、難治性疾患、精神疾患など、ありとあらゆる疾患に対して、目覚ましい効果があります(ただし、おわかりでしょうが、何でもよくなるというわけではありません)。
参考までに、私共の整体院に来られたお客さまが訴えられた疾患名の一部をご紹介しておきます。

慢性頭痛(片頭痛、緊張型頭痛)、群発型頭痛、めまい、耳鳴り、顎関節症、首のこり・痛み、寝違え、慢性肩こり、四十肩、五十肩、手足のシビレ、慢性腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、恥骨の痛み、尾てい骨の痛み、肘の痛み、リウマチ、頚肩腕症候群、胸郭出口症候群、パーキンソン、メニエール病、癌(がん)、測湾症、股関節痛、膝痛、足のむくみ、こむらがえり、便秘、生理痛、生理不順、月経前症候群(PMS)、不妊症、冷え症、猫背、肥満、自律神経失調症、うつ、パニック障害、不安障害、適応障害、不定愁訴、起立性調節障害、更年期障害、慢性疲労症候群、副腎疲労症候群、線維筋痛症、過敏性腸症候群、リーキーガット、高血圧症、糖尿病、産後の骨盤調整、尿漏れ、病気・手術の後遺症、怪我の後遺症、オスグット、スポーツ障害、歩行困難

【Q】整体院を開業するまでに、どのくらい時間がかかりますか?

通常は、5~10年の下積みや修行が必要と言われています。
実際、そのようにしている人も多いです。
それに対し、私どもが主宰する整体法講座では、学び始めて1年後に開業できるプログラムを備えてします。
そして、開業1年後に、月商が100万円を突破する指導をいたします。

【Q】すでに整体師として開業していますが、受講できますか?

どうぞ、受講してください。
せっかく開業したのに、施術で結果が出せない、経営が伸びない。
自信が持てない、将来が不安でたまらない。
そんな方は、大勢いらっしゃいます。
そのような方にも、ぜひ本セミナーを受講いただきたいと考えております。
現在、そこそこうまくいってる方が、さらに上を目指すためにも役立つと思います。
ぜひ一緒に学びましょう!

【Q】商品やセミナーの勧誘はされませんか?

いたしません。
脱サラして整体で起業するのは、簡単ではありません。
正しい方法を、正しい順番で、継続実践すれば、誰でもできることですが、大半の人は、それができません。
それは、なぜか。
想いと志が、弱いからです。
自分で道を切り開く気概が欠けているからです。
そんな方は、脱サラや起業は無理です。
一時的に成功しても、継続させることはできません。
ならば、居心地のよいサラリーマンに甘んじ、多少の不自由を我慢しながら過ごすのが分相応です。
想いと志があり、気概に満ちた者は、勧誘などされずとも、積極的、自主的に行動します。
私は、そのような方に出逢いたいのです。
なので、こちらから勧誘することは、しないようにしているのです。

講師からひとこと

長い文章、最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

ここまで読んでくださったあなたに、どうしてもお伝えしたいことがあります。
なので、もう少しだけお付き合いください。

私が、一貫して座右の銘として掲げている、

「一灯照隅、万灯照国」

という言葉があります。

これは、安岡正篤師の言葉で(大元は中国の古典だそうですが)、次のような意味があります。

一つの灯火を掲げて一隅を照らす。
そうした誠心誠意の歩みを続けると、いつか必ず共鳴する人が現れてくる。
一灯は二灯となり三灯となり、いつしか万灯となって国をほのかに照らすようになる。
だからまず自分から始めなければいけない。

大半の人は気付いていませんが、日本は今、たいへん危機的な状況にあります。
日本だけでなく、世界中の人たちが、生き方の変革を求められている時期だと言われています。

ここ数百年で、人間は飛躍的に科学を進歩させ、高度な文明を創り上げて来ました。
私たちの生活は、豊かに、便利に、快適になりました。

しかし、その代償として、たくさんのものを失いました。
人類は、この地球は自分たちだけのものと勘違いし、自然を蹂躙し、汚染し、破壊し尽して来ました。
お金のために命を弄ぶ、とんでもない愚行を重ねて来ました。

その綻びが、今、社会の随所に露呈しています。
この文明の延長線上に未来がないことは、すでに明らかになっています。
私たちは、いまや崖っぷちに立っているも同然なのです。

そのような中で、私たちの整体法は、とてつもない大きな可能性を秘めています。
この思想と実践が普及すれば、医療費は激減し、心身の健康を取り戻す人が激増するでしょう。

一人ひとりが自分に与えられた命に感謝し、自分らしく、健康に、幸せに生きること。
これこそが、平和で調和に満ちた社会を創造するために、最も重要な礎ではないでしょうか。
ぜひあなたに、その一翼を担っていただきたいと願います。

他者と過去は、変えることはできません。
しかし、自分と未来は、いつでも、いくらでも変えることができます。

あなたの生き方が変わり、人生が変われば、周囲の人たちも変わります。
そして、社会も変わり、未来も変わります。

何よりも重要なのは、

今、あなた自身が変わる決断をすること

なのです。

「一灯照隅、万灯照国」の精神で、この道を共に歩んでくれる同志の出現を、心から切望する次第です。

ご縁に、心から感謝をいたします。
ありがとうございました。

特定商取引法に基づく表記

Copyright © 2017 心身楽々堂・整体塾 All Rights Reserved.