自律神経整体ワンディセミナー「受講生の声」/大阪府交野市 山本 良子さん

大阪府交野市で美容師とリフレクソロジーセラピストをしている山本と申します。

美容の現場では一見健康そうな老若男女様々なお客様と接しておりますが、よくお客様とは抱えておられる不調の話になります。
また高齢の方ともなりますと、何種類もの薬を服用していたり、様々な持病と付き合っておられる方がほとんどくかと思います。
歳を重ねると不調があるのは当たり前で、月に1度は内科に行って薬を処方して貰うのが当たり前なのかな?と勘違いしてしまいそうな現実。
とても違和感を感じておりました。

リフレクソロジーの現場ではさらに不調のレベルではなく、病的な症状を訴える方も多く、セラピストとして私が出来ることは少なく、でもお客様を癒してあげたい・少しでも健康な身体に導いてあげたいと言う思いもある中、戸惑いを感じることもあります。

様々な不快症状が自律神経の乱れということは何となく分かっておりましたが、ただ単に『心身を癒す』だけではなく、どのようにすればリフレの現場でもお客様の不調を改善に導いてあげられるか?の疑問を解決したくて、今回セミナーを受講を申し込みました。

セミナーを受講して一番印象に残ったのは正直技術ではなく、命・自然・感じることの大切さでした。

私は2児の子供がおり、今ここに2つの命があることを当たり前に思っていたことがとても情けなく思いましたが、腑に落ちた今は生活の一つ一つを大切に思うことができ、子供達との接し方が変わったように思います。

また美容の仕事上、カラー・パーマ・トリートメント等、ケミカルの施術が多く、自分の生き方・やりたいことの方向性との違和感が『自然とかけ離れたこと』にあることに気付きました。
だからといって美容の仕事を辞めようと言うわけではありませんが、違和感なく美容の仕事を続けられるように『自分が変わる』きっかけを頂きました。

そして『感じること』はリフレの現場ですっかり忘れてしまっていたことのように思います。
どうにか不調を改善してあげたいと言う私のエゴで、勝手にお客様を変えようとしていた自分。
お客様自身がどのようになりたいのかを感じず、未熟な上に余計なことをしようとしていた結果、自分でどうしていいか分からなくなってしまっていたように思います。

自律神経整体の技術と同じように『シンプル』に。
余計なことはせず、シンプルにお客様を感じて、そして自分の技術に自身を持ち、技術をご提供することが課題となりました。

この整体技術は自分自身を救って頂いた技術でもあり、本当に素晴らしいと思っております。
これからも大切な家族や友人等、不調に悩む人達の為に維持していきたいですし、練習会等にも参加し、もっと知識を深めたいと思っております。

思いもよらぬ気付きを頂けたこのご縁にとても感謝しております。
ありがとうございました。

Follow me!

執筆者プロフィール

西田 聡
西田 聡心身楽々堂 代表
1960年、大阪生まれ。2008年、47歳の時に、突如、24年間勤務した会社を辞し、整体師に転身することを決意。多額の住宅ローンを抱え、当時高一と中二、二人の息子がいる身で脱サラし、未経験の仕事で起業するなど狂気の沙汰と、周囲の誰もが猛反対する。しかし、耳を貸さず、整体院の独立開業を断行。案の定、失敗、挫折、絶望の連続で、辛酸をなめ尽くすが、ぎりぎりのところで踏み止まる。修得した整体手技療法を基盤に、合氣道修行で得た心身修養の精髄を加味した「心整体法」を着想。病院で治らない慢性疾患や自律神経失調症専門の整体院という独自路線を歩み、自力で整体院経営を軌道にのせる。組織に依存せず、束縛されず、自分の良心や信念をいっさい曲げることなく、己の身一つでサラリーマン時代を大きく超える収入が得られることを証明する。その経験を生かし、脱サラ・起業に特化した整体塾を主宰。まったくの未経験者を「オンリーワンの整体師」に育てあげることについては、日本一の手腕を持つ。これまでに、50名を超える整体師を輩出。現役の整体師を続けながら、大阪府枚方市、千葉県船橋市を拠点にして後進を育成。また、各地で一般の方に向けたセミナーや体験会を開催し、「心整体法」を伝えている。

自律神経整体ワンディセミナー

自律神経不調の本当の原因は、筋肉の慢性疲労にあった!?現時点では、この事実を知る医師や治療家は、ほとんど存在しません。本セミナーでは、豊富な臨床経験と実績に基づく普遍的な理論を伝えます。他では学べない、自律神経整体の思想、理論、技術がたった一日で学べる、たいへんお得なセミナーです。しかも、4回の手技練習会に参加可能であり、事後フォローも万全。本セミナーを受講すれば、整体の大きな可能性に気付き、明日から自信をもって、自律神経の不調でお悩みの方に対応できるようになることでしょう。

コメントを残す