サラリーマンの悲哀/避けられない通勤ラッシュ

先週、東京で遅くなり、千葉へ戻る最終電車に乗った。 その混雑度合いに、驚愕した。 私が知っている「満員電車」とは、わけが違う。 翌日、講座でその話をしたら、東京在住の門下生が次のように言った。 「たぶん、まだマシな方です。平日朝のラッシュは、その1.5~2倍くらいの混雑です」 東京の勤め人たちは、毎日、あの過酷さを味わっているのか。 もちろん全員ではないだろうが、都内に勤務する人なら、そう変わらな…

整体スクールを選ぶ重要ポイント(2)「学校やスクールよりも先生を選ぶ」

現在、整体学校やスクールがたくさん存在する。 実は、現在、私たち整体師の中でも、スクールを立ち上げる人が増えている。 そのためのセミナーや講座も出現しているほどだ。 整体師やセラピストを目指す人は、ますますどこを選ぶか迷うことだろう。 なので、選択のポイントを何回かに分けて解説をしている。 前回は、「まず目的と目標を明らかにする」ことを解説した。 今回は、「学校やスクールよりも先生を選ぶ」というこ…

整体院独立開業前に、治療院やサロンに勤務した方がよいか?

いきなり自分の店を持つのは不安。 だから、整体院やサロンに勤務し、経験を積んだ方がいいのでは? そう考える人は、多いだろう。 今日は、その疑問に答えたいと思う。 勤務した方がよい場合 勤務した方がいいか、どうか。 それは、その方の年齢や経歴によると思う。 年齢が若く、社会人経験や勤労経験がまったくない、もしくはほとんどない。 そのような場合は、まずはどこかで勤めた方がよいと私は思う。 基本的な対人…

整体スクールを選ぶ重要ポイント(1)「まず目的と目標を明らかにする」

整体学校やスクールを選ぶ。 未経験者にとっては、とても難しいことである。 下手をすると、多額のお金を無駄にする。 なので、スクール選択の際の重要ポイントを、いくつかお伝えしたいと思う。 一般的なことや耳触りのよいことを述べているサイトは、いくつもある。 だから、それは述べない。 ここでは、他では伝えていない内容を伝える。 どちらかというと、厳しい内容である。 たくさんあるので、何回かに分ける。 今…

合氣道稽古の先に、脱サラし、整体で生きていく道を見つけた

私は会社員時代、整体にまったく興味がなかった。 そんな私が、なぜ整体師になったのか。 本日は、そのきっかけのひとつをお話ししたい。 参考になれば、幸いである。 合氣道との出逢い サラリーマンの頃、30代半ばで合氣道の稽古を開始した。 運動するのは、10年ぶり以上。 稽古が週一回だったこともあり、遅々として上達しなかった。 特に難儀したのが、受身である。 うまくできず、腰や肩を強打し、痛みをこらえる…

夢ある職業としての「整体起業家」

サラリーマンだった私は、突如、整体の世界に足を踏み入れることになった。 それまで整体は、私にとって未知の世界であった。 整体師とは、白衣を着て、医師まがいのことをするイカガワシイ職業。 なんとなく、そんなイメージを持っていた。 整体師のイメージ 試しに、Googleで「整体師」を検索し、画像を表示させてみた。 それが、上の写真である。 やっぱり、ほとんどが白衣だ。 私が抱く、一般的な整体師のイメー…

社畜化し、うつになる

サラリーマン時代、私は、30代後半でうつになった。 あまり好きな言葉ではないが、「社畜」の苦しみが原因だと思う。 以下、社畜について、ウィキペディアから引用する。 社畜(しゃちく)とは、主に日本で、勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化したサラリーマン、OLの状態を揶揄したものである。「会社+家畜」から来た造語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも外部から馬…

就職ではなく、就社?

父がサラリーマンだったからだろうか。 私は学生時代、サラリーマンになる以外の選択肢を持たなかった。 大企業、できれば一流と呼ばれる企業へ就職するのが、いちばんだと考えていた。 いま考えてみると、夢のない若者だった。 日本の場合、就職というより「就社」だとよく言われる。 その通りだと思う。 私は、大学時代にインテリアデザインを専攻していた。 だから、デザイナーという職業もしくは職種に就くつもりをして…

ついに開業!

私が開業したのは、2008年8月1日。 施術練習場所として借りていたワンルームマンションで、開業した。 サラリーマン家庭で育ったため、商習慣がまったくわかっていなかった。 だから、朝から花や観葉植物がたくさん届き、驚いた。 開業直前の7月は、施術回数が100回を超えた。 8月から施術料金を有償化したので、回数は減ると予測していた。 しかし、現実は厳しかった。 減り方が、予測をはるかに上回ったのだ。

整体業界で年収2000万!の成功法則

今回は、私の経験談をお話しする。 私が脱サラして整体師に転身する際、後押しをしたもの。 それは、この「整体業界で年収2000万!の成功法則」という本である。 整体業界で年収2000万!の成功法則 この本の著者は、小森秀信氏。 私が後に整体を学ぶ「日本回復整体総合学院」の学院長だった人物だ。 これは、自費出版による、いわゆる宣伝本だ。 学院の生徒集めが目的だ。 年収2000万!というタイトル。 高級…