合氣道稽古の先に、脱サラし、整体で生きていく道を見つけた

私は会社員時代、整体にまったく興味がなかった。
そんな私が、なぜ整体師になったのか。
本日は、そのきっかけのひとつをお話ししたい。
参考になれば、幸いである。

合氣道との出逢い

サラリーマンの頃、30代半ばで合氣道の稽古を開始した。

運動するのは、10年ぶり以上。
稽古が週一回だったこともあり、遅々として上達しなかった。

特に難儀したのが、受身である。
うまくできず、腰や肩を強打し、痛みをこらえる日々。
何度もやめようと思った。

しかし、継続は力なり。
5年くらいかかったが、黒帯を締めることができた。

そうなると、俄然面白くなる。

合氣道の魅力

なぜ小柄で非力な老人が、屈強な若者たちをいとも簡単に無力化してしまえるのか。
昔日の武芸者たちは、いかなる身体能力を備えていたのか。
合氣道開祖が遺した「合氣とは愛なり」という言葉の真意は、どこにあるのか。

氣と心身統一。
呼吸、姿勢、身体操作の極意。
心身のゆるみ。

そのようなことを、研究するようになった。
その頃に出逢ったのが、今も大きな影響を受け続けている、現代武術界の偉人たちである。
名前をあげると、高岡英夫先生、宇城憲治先生、甲野善紀先生である。

合氣道から整体へ

そのうち、近代整体の父と言われる野口晴哉先生に出逢った。
野口先生は、合氣道開祖である植芝盛平と親交があり、武術においても傑出した力量を発揮したと伝えられていることを知った。

中国由来でも、アメリカ由来でもない。
日本古来より伝えられる心身操作の真髄こそ、真の整体のルーツではないか。
そこに、大いなる夢と希望を発見したのである。

だからだろうか。
私が身につけた整体術の存在を教えてくれたのは、合氣道仲間であった。
彼も、この技術に合氣道と相通じるものを感じていたのだろう。

好きなことに没頭すること

いずれにせよ、自分が大好きなこと、強く興味を持つもの。
そこに、自分が生きていく道があると思う。

だから、自分の進路についてあれこれ考えるよりも、自分が大好きなことに没頭すること。
直感に素直に従い、行動を続けること。
それが、天職を見つけ、運命を好転させる鍵であると私は思う。

「好きなことを仕事にすることは出来ない」

それは、悪しき洗脳である。
一度しかない大切な自分の人生、好きなことをして幸せに生きていこう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です