覚悟/東京都荒川区 吉瀬 なつ紀先生

整体塾認定講師の吉瀬 なつ紀​先生。
昨夜、彼女がLINEで自撮りした写真を送ってきた。

おお!三蔵法師!
それが、私の第一声であった。

近々、ボウズにするとは聞いていた。
しかし、本当にやるとは…

思い切ったね。
なぜ、ボウズにしたの?と尋ねると…

「より本当の自分でありたい」

という答えが返ってきた。

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜

私たちは、生きてく中で、いろんなものを纏う(まとう)。
それが自分らしさの表現になることもある。

しかし、実は逆ではないか。
多くの場合、何かを纏うことで、本当の自分が見えなくなっているのではないか。

だからと言って、一度纏ったものを脱ぎ捨てるのは、とても勇気がいる。
誤解や変化が生じるかも知れないし、場合によっては無防備になる可能性もあるからだ。

それでも、纏ったものを脱ぎ捨て、より純粋な自分であり続ける。
彼女は、その覚悟の表明として、剃髪を断行したのではないだろうか。

純粋なる自分の命を生ききる覚悟。
現代社会において、最も必要なことだと私は思う。

彼女自身、そのことを誰よりもよくわかっているのだと思う。
だからこそ、まずは自ら実践する。

私は、このたびの彼女の剃髪から、大きな気迫と、気高い美しさを感じる。
あっぱれな弟子である。

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜

ちなみに、昨日、紹介したシンギングボウルは、チベット密教の僧侶が使う法具である。
剃髪と法具、なんかシンクロしてる?

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜

手元に「教えて、お坊さん!さとりってなんですか?」という本がある。
若い女性が、6名の高僧と「さとり」をテーマに対談した内容をまとめたほんだ。

以下、6名の僧侶のさとりの定義。
それぞれに、うなずけることばかりだ。

さとりとは、

・つながりをたのしんで生きること
・夢であると気づいた上で夢を生きること
・いまという安らぎの中に生きること
・自分をまるごと受けいれて生きること
・死では終わらない物語を生きること
・ほんとうのいのちに従って生きること

私たちの整体が目指す境地、そのものである。

やっぱり、お客さんや友人へのショックを和らげるため・・
先に公開しておきます。
さっき「三蔵法師」って言われた(笑)
 
まぁ、やりたかったのでね。*
本人としては、
前よりうんと自分らしいと感じておりマス。
 
街中で小さなボーズを見かけたら
おぃなつき!と声をかけましょう。はい。(´ー`*)

「心整体法」入門書無料進呈

本整体塾でお伝えしている「心整体法」。他にはない、旧くて新しい整体の思想と実践を解説した整体読本「掌ひとつの革命」を無料で差し上げています。メールアドレスだけを登録していただければ、すぐPDFデータが無料でダウンロードできます。

コメントを残す