不在のお知らせ(10/15〜22)

西田です。

本日10月15日(月)から22日(月)まで、不在となります。
集中内観を行うため、富山へ出張するためです。
この間、スマートフォンもパソコンもお預けするので、連絡不能となります。
ご不便をおかけいたしますが、何とぞご了承のほどお願いいたします。

さて、内観とは、日本独自の精神療法です。
文字通り内を観る、つまり自分の心と向き合い、掘り下げる行です。

昭和初期に吉本伊信先生によって創設されたものであり、そのベースには「他者から生かされている」という浄土真宗の教えがあるそうです(上の写真が吉本先生です)。
ただし、宗教色はまったくありません。
自分の心を直接掘り下げるのでなく、他者をいわば鏡として外から自分を客観視する点が、吉本先生の内観の特徴のようです。

集中内観は、一日15時間、衝立の中で安座し、過去の記憶を調べます。
それを7泊8日かけて行います。
一日中座ってひたすら自分に向き合うことなど、これまでしたことのない経験です。
自分にできるのかどうか、甚だ不安な気持ちもあります。

実は、内観には10年近く前から興味がありました。
整体の師匠が「心の師」として慕っていた長尾 弘先生が著書の中で、その重要性を説いていたからです(先生は「内省」と記載されており、厳密には内観とは異なります)。
また、長尾先生が敬っていた高橋信次先生と吉本先生は、生前に親交があったようです。

今回のきっかけは、9月に開催した心整体法・集中合宿です。
そこに参加してくれた、ある女性(心身楽々堂のお客様)が、強く勧めてくれました。
彼女は「ぜひ行ってください。西田先生に内観のことを伝えたくて、この合宿に参加したようなものです」とまで言ってました。
彼女自身、3回、集中内観を経験しているそうです。

人間には、思い出したくない過去もある。
どんな事実を見つけるのか、どんな感情が湧いてくるのか。
怖いような気もしますが、この経験を踏まなければ、次の10年を迎えられない。
いや、次の10年に大きく飛躍するために、今、内観をしなさい。
そう言われているのだと感じています。

吉本式内観は、特に母親との関わりを重視するようです。
もしかしたらこの5月に亡くなったばかりの母が導いてくれたのかな、とも感じます。
なので、今、行こうと決断しました。

とにかく、行って参ります。
この間、急を要する用件がありましたら、LINEにてご連絡ください。

↓ LINE登録はこちら
https://line.me/R/ti/p/%40shin2raku2do

LINEメッセージは、私と講師の森 亜紀子、両方に届きます。
私が不在の間は、彼女が必要な対応をしてくれます。

それでは、来週、お会いしましょう!

執筆者プロフィール

西田 聡
西田 聡心身楽々堂 代表
1960年、大阪生まれ。2008年、47歳の時に、突如、24年間勤務した会社を辞し、整体師に転身することを決意。多額の住宅ローンを抱え、当時高一と中二、二人の息子がいる身で脱サラし、未経験の仕事で起業するなど狂気の沙汰と、周囲の誰もが猛反対する。しかし、耳を貸さず、整体院の独立開業を断行。案の定、失敗、挫折、絶望の連続で、辛酸をなめ尽くすが、ぎりぎりのところで踏み止まる。修得した整体手技療法を基盤に、合氣道修行で得た心身修養の精髄を加味した「心整体法」を着想。病院で治らない慢性疾患や自律神経失調症専門の整体院という独自路線を歩み、自力で整体院経営を軌道にのせる。組織に依存せず、束縛されず、自分の良心や信念をいっさい曲げることなく、己の身一つでサラリーマン時代を大きく超える収入が得られることを証明する。その経験を生かし、脱サラ・起業に特化した整体塾を主宰。まったくの未経験者を「オンリーワンの整体師」に育てあげることについては、日本一の手腕を持つ。これまでに、50名を超える整体師を輩出。現役の整体師を続けながら、大阪府枚方市、千葉県船橋市を拠点にして後進を育成。また、各地で一般の方に向けたセミナーや体験会を開催し、「心整体法」を伝えている。

整体読本、無料進呈!

本塾でお伝えしている「心整体法」。他にはない、旧くて新しい整体の思想と実践を解説した整体読本「掌ひとつの革命」を無料で差し上げます。メールアドレスを登録していただければ、PDFデータが無料でダウンロードできます。

コメントを残す