施術経験を積むことについて

メールマガジン読者から、ご質問をいただきました。
みなさんにも参考になると思いますので、このばにて回答いたします。

~~~~~ ご質問内容 ~~~~~

6日目のメルマガで、3つの肝要なことのうち、最初に経験を積むことを挙げられていました。
一旦、学びが終了し、さて誰かに施術していこうというときに、最初は誰しも未熟だと思いますが、それでも人に対して施術することは問題ないものでしょうか?

・相手に悪影響を与えはしないか。
・心整体法の名前に傷をつけないか。

などといったことが気になります。
駆け出しの時期の施術についてはどのようにして経験を積んでいくのが良いものでしょうか?

質問者は、通信教育を申し込んでくださっています。
なので、このような疑問がわいてこられたのだと思います。
至極当然の疑問です。

まず、心整体法の整体技術である自律神経整体は、とてもやさしい施術です。
極めて安全で、安心であることが、最大の特長です。
最初受けた方は、必ず「何をされたかわからない」とおっしゃいます。
なので、ご安心ください。

ただし、いついかなる時も絶対に守っていただきたい原則が三つあります。
それは、通信教育の中で、お伝えいたします。

さらにその上で、注意点がいくつかあります。

自己責任であると知ること

施術をするのも、施術を受けるのも、すべて自己責任です。
施術するにあたっては、それが、大前提であることを知っておいてください。

身体の反応は予測不能と知ること

身体は、常に周囲の状況や環境に対応し、変化をしています。
当然、施術による微弱な刺激にも、身体は反応します。
その結果として起こることは、ある程度の予測はできるものの、実際は予測不可能です。
でも、身体が悪くなろうとすることは、100%ありません。
どんな反応だろうが、それは改善や治癒に向かうものであることを知ってください。

練習目的であることを告げること

施術をさせていただく相手に、必ず練習目的であることを告げてください。
なので、最初に施術相手をしていただくのは、ご家族や親しいご友人など、気心の知れた人に限定しましょう。
ぜひ、今から声をかけておいてください。

最後に

私がみなさんにお伝えできるのは「型」に過ぎません。
それが「形」になり、「技」に育てていくためは、経験を重ねる以外に、方法はありません。

経験を積む時は、楽しむことが何より重要です。
そのコツなどは、通信教育の中で取り上げて行きたいと思います。
楽しみにお待ちください。

心の整体「心整体法」を学ぶ

本整体塾でお伝えしている「心整体法」。他にはない、旧くて新しい整体の思想と実践を解説した整体読本「掌ひとつの革命」を無料で差し上げています。メールアドレスだけを登録していただければ、すぐPDFデータが無料でダウンロードできます。

コメントを残す