2018年4月入門/2019年3月「基礎コース」修了

「自分の能力を生かしてこそ、生きることをまっとうできると考えたんです」

自分らしい生き方ができるようお手伝いできる整体を行っていきたいです。そうなるためには、まず自由自在な体になること、感じて動けるエネルギーの溢れる体になること。それが第一歩だと思います。整体を通じて体と心に向き合って、大切に感じてもらえればと思っています。そして私も一緒に成長していきたいです。――― 山路 理恵

「優しい整体 ゆるりときらり」のご紹介
ゆるりと生きれば、きらりと輝く。

がんばらなくても、自分の体が緩まれば、人生も豊かになります。
そんなお手伝いができるよう、施術を行っています。
自分の人生を見つめたい方や、もっと自分らしく生きたい方は、ぜひ自分の体と向き合ってみてください。
体はその人以上にその人を知っています。

いまは、大阪や神戸のレンタルサロンで、週末に不定期で活動しています。
よろしかったら、ぜひお越しください。

【住所】

【連絡先】

【ブログURL】
 https://ameblo.jp/rie-sun-moon-sun/

一問一答

なぜ整体の仕事をしようと思ったのか、講座を受講してみてどうだったか等を、神戸・大阪を中心に「優しい整体 ゆるりときらり」として活動している山路 理恵先生に述べていただきました。
※2019年3月11日執筆

これまでの人生について

これまで、どのような人生を歩んでいましたか?生きる上で感じていたこと、思っていたこと、考えていたこと。あるいは、悩んだり、苦しんだり、疑問を持ったり、問題を感じていたこと。好きなこと、嫌いなこと、得意なこと、苦手なことなど、自由に述べてください。仕事をしていた方は、もし差し支えなければ、これまでどのような仕事をしていたのかも述べてください。

ものづくりや文章を書くのが好きで広告会社に入社し働いています。
多くの方に会い、ひとつのものを作り上げていく楽しさをたくさん味わいました。
しかし、仕事はハードでなによりもやり遂げたい氣持ちと、いろんな方との関わりの中で悩むことも多く、次第に体調を崩し始めました。

それと同時に、自分がやりたいことは広告の世界では近くて遠いということを感じ始めて、自然染織や自己の創作を追求し出しました。
それは組織と組織のお付き合いではなく、ひとりの人間と人間の向き合いをしたいということを切に願い始めていたからでした。

そんな中で病院に通っていたのですが、生理が遅れるとか朝起きるのかしんどいとか、そういったことは病院では対応仕切れない、病氣とはみなされないとわかり、鍼灸に通い出したのが、自然な療法を選択し、興味を持ったきっかけです。
鍼灸や整体、他の療法では食べ物や生活の仕方などのアドバイスなどがあり、その人の全体を見る考え方をしていて、これこそが必要なものだと感じましたし、心と体は繋がっているのだと感じ始めたのもこの頃です。

整体、整体師について

整体や整体師は、あまり一般的ではない存在であり、仕事です。あなたはどういうきっかけで、整体や整体師という仕事に興味を持ったのですか?これまで、どのように整体に関わってきましたか?整体師とはどのような仕事だと認識していましたか?また、起業や開業をするならいろんな仕事がありますが、その中でなぜ整体を仕事に選ぼうと思ったのかを教えてください。

とうとう休職してしまい、精神的に参っていた私でしたが、精神内科では私は立ち直れないと直感的に思いました。

そして友人から整体師さんを紹介していただき通い始めたんです。心にどうやってアプローチしたらいいかわからなければ、体からアプローチしたらいいのではないかと考えたからです。
それは昔、ウォーキングをならっていたのですが、そこの先生が「みんな通い出すと、性格が明るくなる」とおっしゃていたことがヒントになっていました。

また、私は昔から感受性が高くて、なかなか人に理解してもらえない部分がありました。
だけど、こういった世界で仕事をする方々は私の感覚を受け入れてくださり、また、自分の体や心を観察することが得意であることも氣づくことになり、本当にありがたかったです。

それから、無事に復職した後も、「落ち込んでるから、元氣出したい」という私のお願いに嬉しそうに応えてくださる整体師さんがとても素敵だなと(笑)。
また、人の体というこの世界に2つとないものに向き合うことは、たいへんにクリエイティブなことであると毎回の施術を通じて氣づきました。

やがて、自分の経験や今まででは感受性の高さが裏目に出ることが多かったのですが、それを長所として生かしていきたいと思うようになりました。いつまでも、自分を辛い人間だと思いたくはなかったし、自分の能力を生かしてこそ、生きることをまっとうできると考えたんです。

だから、かつての私のように体調を悪くしたり、生き方を迷っている方の力になるために体からアプローチする整体師になりたいと思いました。

心身楽々堂・整体塾について

どのようなきっかけや経緯で、心身楽々堂・整体塾の存在を知りましたか?また、数多くの整体学校やスクールなどがある中で、なぜ本整体塾を選んだのですか?学びを開始するまでに、本整体塾に対して、どのようなイメージや期待を持っていましたか?また、実際に受講してみて、どのような場所だと感じていますか?

ある友人から岡本よりたかさんの講演に誘ってもらったのですが、それを主催されていたのが心身楽々堂でした。

それから施術に行ってみようか悩みつつも行かない状態で数年経ち、ある日、入門講座の案内メールが届いて興味を持ち、初めてお伺いしました。

実はその時は整体をすると決まっていなくて、何らかのボディワークがしたくて探していました。
それがその案内メールを拝見し、これまでの整体師さんとの関わりを思い出したのと、ここの整体塾の理念に共感し、行ってみようと思ったんです。

一年間学んでみて

一年間、整体塾で学んだ総括をしてください。総括するにあたっては、講義の内容や課題、その中で学んだことや気づいたこと、特に印象に残ったこと、自分の心や生き方の変化、周囲の人たち(講師、仲間、家族、友人・知人、お客様など)との関係や想いなど、様々な面から眺めてみてください。他の整体学校やスクールへ通った経験がある場合は、それらと比較してどうだったかも述べていただけるとありがたいです。

初めは仕事も忙しく、バランスが取れないのと、このままやっていっていいのかという氣持ちもあったし、なかなか練習相手も見つけられなくて、悩みっぱなしでした。
それが、同門の先輩から熊本の被災地にボランティアに誘っていただいたことで変わりました。
私は阪神大震災から、ずっと、もしこんな出来事があったら私ができることで人の力になりたいと思っていたことがついにできるんだと思ったからです。
まだ半年も経たないうちから、見知らぬ人に施術をする。それが私にはたいへんな喜びと成長、刺激になりました。
それからは、整体は私にとってコミュニケーションの方法のひとつになりました。
友人や親、ボランティア先の人たち、 など。
言葉を介さないコミュニケーションはいろんなものを越えていけると感じています。

この整体塾は技術だけを学ぶところではありません。整体の心構えや考え方、そして人の生き方まで学び考えるところです。
仲間たちとともに学ぶことによって、いろんなことを話し合ったりシェアできたのもとてもよかったです。

現在とこれからについて

本整体塾で学んだことを活かし、現在どのような取り組みをしていますか?もしくは、今後どのような取り組みをしたいと考えていますか?将来、このようにしたい、このようになりたいなどの夢や希望、ビジョンや具体的な計画などがあれば、述べてください。

いまは仕事でしんどいなと思う時も少なくありません。
そんなときでも、整体をしに行くと、「焦点が合う」ような感覚になります。きっと自分の魂が望むことだからなのかなと。
そして私自身が自分らしく存在することができます。だから、私にとって整体は相手が整っていくためのものであり、また、私自身を整えるものでもありますから、さらにその道を進んで自分を磨いていきたいです。

そして、これからは、自分らしい生き方ができるようお手伝いできる整体を行っていきたいです。
そうなるためには、まず自由自在な体になること、感じて動けるエネルギーの溢れる体になること。それが第一歩だと思います。
だから、この整体を通じて体と心に向き合って、大切に感じてもらえればと思っています。
そして私も一緒に成長していきたいです。

これから学ぶ人に向けて

次の二種類の方に向けて、アドバイスやコメントをお願いいたします。1)これから本整体塾に入門し、整体起業講座で学ぼうとしている人(=新規門下生)、2)整体を学ぶ場所(整体学校やスクール)を探している、あるいは比較検討している人。

まず、ここで学ぶ方の意識が高く、素晴らしい仲間に恵まれます。
それだけでも安心して学べるのではないかと思います。
学びは地道なものかも知れませんが、ずっと同門の仲間たちと学び集える環境です。

講師よりひとこと

主幹講師 西田より

このたびは、修了おめでとうございます。
ご縁をいただき、共に学ばせていただいたこと、心より感謝いたします。

さて、理恵先生と私は、ものづくりや文章を書くのが好きな点で似ていると感じます。
だからでしょうか。
私がかつて身を置いた会社も、広告代理店に近い仕事をしていました。
私は、一定以上のやりがいや誇りを感じつつも、経験を重ねるにつれ、そこに身を置く違和感を強めていきました。

組織の利益を増大させ、経済社会を維持していくことが、企業の役割です。
そこでは、個人の理想や情熱は、二の次、三の次にされます。
時に、邪魔になることすらあります。
その結果、本来の自分らしさを見失い、心身を病む人が非常に多いと感じています。
私もそうでしたし、理恵先生もきっと似た状況だったのだと推察いたします。

自分らしく生きること。
現代社会は、それがとても難しいのだと思います。
しかし、やれば必ずできる。
ぜひ、ご自分の生き様を通じて、それを多くの人に知らせて欲しいと願います。

この一年、学びながらも、悩み、苦しんだことでしょう。
しかし、全てが豊かな糧であったことを、今、しみじみ感じておられることと思います。
自分らしい人生を歩むための礎はできたと思います。
これからが、本番です。

自分に素直に、どこまでも純粋に。
大好きなことを探し、やり続けて欲しいと思います。
そして、ますます輝いて欲しい。
おっしゃる通り、生きることをまっとうして欲しいと思います。

同じ地平を目指し、共に歩む仲間として。
どうかこれからも、よろしくお願いいたします。

ご質問、ご相談は、お気軽にどうぞ。072-813-8223受付時間 10:00-17:00 [ 日・月除く ]

メールで問い合わせる

心の整体「心整体法」を学ぶ

本整体塾でお伝えしている「心整体法」。他にはない、旧くて新しい整体の思想と実践を解説した整体読本「掌ひとつの革命」を無料で差し上げています。メールアドレスだけを登録していただければ、すぐPDFデータが無料でダウンロードできます。